八秋間ふうこの感想 |

ふうこの感想

掛け金

2013.02.26 Tue

00:13:44

会員が出資する掛け金が、他の誰かの役に立つというのが、共済における基本理念ですが、コープにおいては組合員自身の相互扶助意識がとても高いと言えます。ここでは、ある民間の保険会社をA社として、その人気保険商品とコープ共済とを具体的に比べてみます。これも家庭生活をより豊かに、安心できるものにするためのもので、ライフプランアドバイザーと呼ばれる人達が、組合員の人生設計に具体的なアドバイスを行っていきます。「たすけあい」・・・医療保障と生命保障を兼ねたタイプ「あいぷらす」・・・生命保障「新あいあい」・・・生命保障以上の3つのプランが柱になっています。どちらも掛け捨て型なのですが、金額と保障内容のバランスを考えると、やはりコープ共済には強みがあると言えますね。

共済という仕組みでは、掛け金の安さと保証の充実度が高さは魅力なのはもちろんです。このように、安価な掛け金で十分な保障が得られるのは、やはり主婦にとっては非常に助かります。生活に根差したコープだからこそ、組織と会員の一体感がとても大きく感じられる共済だと言えます。この他、火災保障もありますので、必要に応じて家のための保障も手に入れられますね。同様の保障プランを比べただけでも、内容にこれだけの違いがあるのです。

人生設計というものは、健康・生きがい・生活資金という3つのカテゴリに分けて考えることができますが、これら各分野について情報提供を行ったり、資金対策を立てていく手伝いをしているのです。しかしコープの場合は、テレビコマーシャルによる親近感ではなく、普段生活するうえで日常的に接することから来る、直感的な安心感なのです。さらに「いつものコープさん」という距離の近さが感じられるのも、同様に安心感が高まりますね。さらに言えば、共済や保険というもの自体、難しくてよくわからないという方も多いのです。特に「新あいあい」については、特約として選択できる医療保障が実に幅広く、自分のニーズに合わせて組み合わせることが可能です。

コープ共済と民間保険との比較を行ってみましょう。いずれも掛け金は2000円程度からと非常に安価で、とても敷居は低くなっています。主婦がイチオシするコープ共済なのですが、その理由は以下に集約されます。コープ共済での特徴的な活動の一つとして、ライフプランニング活動というものがあります。「たすけあい」はコープ共済で最もポピュラーなタイプで、人気も高いです。

オススメ情報